HOMEグループ概要沿革
石油陸上輸送 油槽所運営・管理 石油海上輸送 防災事業 その他事業
ANAクラウンプラザホテル長崎グラバーヒル マツフジモータース MINI長崎
 
《 沿 革 》


昭和18年 創業者松藤渉長崎市において個人で海運業を創業する。その後、陸運事業にも進出する。
   
昭和25年 事業の拡大に伴い、法人組織に改め松藤商事合資会社を 設立。
   
昭和30年 西菱運輸株式会社を設立。下関市に事業所を開設する。
   
昭和33年 福岡市に営業所を開設する。
   
昭和38年 宮崎市に新光運輸有限会社を設立する。
   
昭和40年 海運、運航部門を分離し、松藤海運株式会社を設立する。
   
昭和44年 生コン輸送部門を分離し、菱栄運輸株式会社を設立する。
   
同年 日本石油株式会社関係の陸上輸送部門を分離し、日松運輸株式会社を設立する。
   
昭和49年 ホテル業に進出し、長崎パークサイドホテルの営業を開始する。事業の多角化のスタートとなる。
   
同年 株式会社エムエスケイを設立する。
   
昭和52年 本社ビルを長崎市五島町に新築、さらに営業部を福岡市中央区薬院に新築移転する。
   
同年 松藤不動産株式会社、松藤陽産株式会社を相次いで設立する。事業の多角化をさらに推進する。
   
昭和53年 共同防災業務を受託、九州各地に共同防災センターを建設し事業を開始する。
   
昭和54年 長崎県壱岐市に油槽所を建設し、壱岐油槽株式会社を設立する。
   
昭和56年 福島松藤商事株式会社を設立し、LPG基地での構内作業業務を開始する。
   
昭和58年 松藤渉が私財を投じて財団法人松藤奨学育成基金を設立する。
   
昭和60年 株式会社マツフジモータース設立。長崎県諫早市に本店を開設しBMW車販売事業を開始、翌年には佐世保支店開設。
   
昭和62年 松商リース株式会社を設立し、リース事業を開始する。
   
平成3年 松藤商事合資会社を組織変更し、松藤商事株式会社とする。
   
平成4年 松藤悟司がグループ代表に就任する。
   
同年 日本最大規模の内航タンカー第5松丸を建造。
   
平成5年 長崎パークサイドホテルをリニューアル。運営会社として株式会社長崎パークサイドホテルを設立する。
   
平成10年 生コン・石油製品の輸送業務を行う株式会社オー・ティー・シーを設立する。
   
平成12年 日松運輸株式会社と西菱運輸株式会社を合併し、社名を株式会社サンエストランテックとする。
   
平成13年 長崎全日空ホテルグラバーヒルを長崎市南山手町にオープンする。
   
平成20年 MINI長崎を諫早市にオープンする。
   
同年 松藤海運株式会社と株式会社エムエスケイが合併し、エムエスケイ海運事業部を発足する。
   
平成23年 松藤章喜がグループ代表に就任する。
   
平成24年 長崎全日空ホテルグラバーヒルが「ANAクラウンプラザホテル長崎グラバーヒル」にリブランドする。
   
同年 株式会社マツフジモータースと松藤陽産株式会社が合併し、社名を株式会社MATSUFUJIとする。