新着情報

  会社一覧

  安全方針

  スローガン

  石油陸上輸送TOP

西日本に躍進する
エナジーの道。

<石油陸上輸送>


私たちの暮らしを支える石油。石油陸上輸送は、極めて公共性の高い事業だけに、高度なノウハウと豊富な経験が必要です。油槽所からユーザーのもとへ。信頼と安全をモットーに、さまざまな石油製品を西日本各地で配送しています。このような、生活の向上や経済の発展に貢献する地道な活動こそ、松藤グループの誇りです。

Oil Land
Transportation

西日本一円をネットワークして、
生活の快適化や産業の活性化に貢献。

石油陸上輸送部門では、車両をおよそ600台所有し、300社以上のお得意様と密接なおつきあいをしています。活躍の舞台は、西日本各地に着実に広がっています。いつも心がけているのは、いかに愛される企業になるかということです。そのために常に、お得意様や関連各社への目配り・気配り・思いやりの精神を大切にし、信頼と和の息づく現場の創造に努めています。石油陸上輸送の使命は、きめ細かなサービスと優れたフットワークで、石油製品をスピーディに安定供給することです。時代の情報を敏感にキャッチしながら、万全の体制で業務を確実に遂行しています。


油槽所とユーザーを結ぶパイプ役として、
さまざまな石油製品を、各地に安全輸送。

石油陸上輸送の主な営業内容は、80%が燃料油、潤滑油などで、20%がケミカル、アスファルト、LPGなどです。内航タンカーによって運ばれた各種石油製品は、配給基地である油槽所にいったん荷揚げされ、その後、各給油所や大口需要家の注文に応じてタンクローリーやトラックで出荷されます。油槽所とユーザーをつなぐ重要なパイプ役としての責務を果たすため。万全の安全対策を敷き、24時間体制で輸送を見守っています。近年では、輸送する科学工業素材の種類も多様化する傾向にあり、これまでの実績を基盤に、さらなる技術導入とサービス向上に努めています。


次代に向けて、車両の大型化と、
輸送商品の多目的化を推進。

石油を取り巻く状況や環境も、今後さまざまな変化が起きることが予測されます。人々の生活や、重要な企業活動の一端を担うため、その動向をつねに把握し、情報力の強化と輸送の多目的化に対応していきます。さらに効率化を図るため、車両の大型化も推進します。いつどんなときでも、いかに早く、いかに安全に、いかにいいサービスをお届けするかが、私達の永遠のテーマです。


豊かな明日を
リザーブする道。

<油槽所運営・管理>


石油の安定供給を円滑にサポートするために、元売各社から高い信頼を得て、各社が所有している油槽所の運営を、一部もしくは全面委されています。また壱岐および三角には自社油槽所を保有運営し、元売各社にご利用いただいています。さらに、石油油槽所運営だけでなく、LPGの基地の運営も行なっています。油槽所運営事業は、豊かな未来を見つめて着実な歩みを進めています。

Oil Tank
Operation

確実な作業とたゆまぬ努力で、
信頼に応える油槽所運営事業。

油槽所とは、製油所から運ばれたさまざまな石油製品を、各給油所や大口需要家の元へ出荷するまで保管する二次基地のことです。危険物を大量に保管するところだけに、その運営は大変責任の重いものです。これを委託していただいた元売各社信頼にお応えするため、定められた作業基準に添った確実な作業や、災害を未然に防ぐための各種訓練および施設の保安点検など、たゆまぬ努力を続けています。さらに、将来を見据え、コンピュータ化が進むなかで、小人数で効率のよい油槽所運営を行なうため、新しいノウハウの蓄積に力を注いでいます。


壱岐の石油安定供給を支える“壱岐油槽”
離島壱岐の石油安定供給のため、松藤グループはここに油槽所を保有し、島内に給油所がある4社からご利用いただいています。この油槽所を運営しているのが、“壱岐油槽”です。壱岐で使用される石油製品のほとんどを、この油槽所から配送しています。
石油陸上輸送

石油陸上輸送







油槽所運営・管理

油槽所運営・管理