人へ、舵を。

戦後、長崎。
一艘の小さな船で、油まみれになりながら
ドラム缶を運んだ。
誰もやりたがらない。
でも、必要とされているから、やる。
それが松藤グループの始まりでした。
「なんとかできないか。」
今、目の前にいる人を喜ばせるために、
隣にいる仲間を笑顔にするために、
なんとかできないか。
そんな人を思う熱が、
松藤グループの
エネルギーであり続けました。

松藤グループは全15社。
石油輸送に始まり、ホテル、輸入車販売、
不動産、保険代理店、リースと事業を
拡大してきました。
どの事業においても、
一人ひとりと向き合い、
「なんとかできないか」と思いを尽くし、
一つひとつの仕事を
丁寧に積み重ねてきました。
インフラを支えるだけでなく、
暮らしのあらゆる場面でお役に立てることに、
大きな喜びを感じています。

おかげさまで松藤グループは70周年。
もっと人と社会の役に立てる、
働く喜びに満ちたグループへ。
100周年も、その先も、人へ向かって
舵を取り続けます。

scroll down

松藤グループ 70周年記念「事業PR動画」

松藤グループ社員の笑顔動画

社長の画像

Greetingご挨拶

70周年は、感謝の気持ちを伝える
節目のタイミング

松藤グループは社会インフラを支える石油製品の輸送事業を海上、陸上で担う「松藤商事」を中核として、BMWやMINIの長崎県下の正規ディーラーである「マツフジモータース」「MINI長崎/佐世保」を展開する輸入車販売事業、「ANAクラウンプラザホテル長崎グラバーヒル」の運営を行うホテル事業など、時代の変化と将来を見据えた新たな価値を創造しています。その他、不動産事業やリース事業など全15社でグループを形成しています。

当社は、創業者である松藤渉が1943年に、石油に特化した海運業を始めたことがスタートとなりました。2020年には法人設立70周年を迎えます。これまで、陸上での石油製品の輸送事業では、九州においてトップシェアの地位を確立できたこと、また、多角的に事業を展開できたことは堅実な経営を行い、ローカル企業として地域との一体感を大切にし、また、社員を大切にし、共に成長してきた結果だと自負しております。70周年という節目においては、歴史を振り返り、全国のお客様、先輩方、社員へ感謝の気持ちを伝える大事な機会と捉えると同時に、これまでの苦労や功績を改めて評価し、歴史から学び直すことで全社員が誇りを持ち、グループの一体感を大切にして未来の可能性を追求していきます。

代表取締役社長松藤 章喜

Informationお知らせ